歯周病治療・定期健診

歯周病治療・定期健診歯周病とは、歯肉炎や歯槽膿漏などの歯の周りの病気の総称で、
歯垢や歯石が原因で歯肉に炎症をおこし、進行すると歯を支えている骨(歯槽骨)を溶かしてしまう日本人の歯を失う原因NO.1の病気です。

歯と歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気なので、歯と歯茎の境目についた歯垢(プラーク)から、
歯の根にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えている周りの組織をじわじわと壊していき、最後には歯が抜け落ちてしまいます。

歯肉に炎症がおきた状態を歯肉炎、歯槽骨などを支えている組織全体が崩れてしまう病気を歯周炎といいます。また、初期の歯周病はほとんど自覚症状がないため、気付かない間に悪化させてしまうことがよくあります。

歯周病がひきおこす病気

歯周病がひきおこす病気ほおっておくと、歯周病原因菌が歯肉の毛細血管から全身の血液中に入り、動脈硬化・心筋梗塞・狭心症・脳血栓・脳梗塞・糖尿病・未熟児出産・早産などを引き起こすことがあります。

また、寝たきりの高齢者の誤嚥性肺炎による死亡の原因としても挙げられています。

初期には自覚症状がほとんどなく、気づかない間に進行していきます。

健康な歯肉
健康な歯肉
歯肉が健康なとき、歯は歯周組織(歯肉、歯根膜、セメント質、歯槽骨)によってしっかり保持されます。正常な歯肉は淡いピンク色で引き締まっています。
歯肉炎の歯肉
歯肉炎の歯肉
歯肉が炎症を起こすと、赤くつやがあることもあり、磨くと出血しやすく、触れると痛むことがあります。炎症は歯肉に限局して仮性ポケットが出現します。
軽度歯周炎の歯肉
軽度歯周炎の歯肉
歯肉の炎症が進行してくると、発赤、腫脹が著しくなり磨くと出血します。歯の支持組織にも炎症が進み、歯周ポケットが形成され骨の吸収も始まります。
重度歯周炎の歯肉
重度歯周炎の歯肉
歯周病がさらに進むと、歯の支えの多くを失い、骨吸収が歯根長の1/2以上になると歯はぐらつきはじめ、濃が出はじめてくると口臭もひどくなり、やがて歯が抜けてしまします。

歯周病治療の流れ

検査(問診)
歯周病にかかった場合は、まず精密な検査を行い、現在の歯ぐきや骨の状態、歯周病を悪化させる原因を分析し治療計画をたてます。

歯石除去
まずは、歯みがきの練習を行います。歯みがきをすることにより、歯ぐきの炎症が減少します。ぶよぶよして出血しやすい歯ぐきも正しく歯みがきをすることにより、かなり引き締まってきます。
そうすると歯ぐきの中の歯石が見えやすくなり、歯石除去が効果的に行えるようになります。歯石を取ると歯石の表面や内部の細菌が減り、さらに歯ぐきが引き締まってきます。

ルートプレーニング
歯根の表面からプラークや歯石がつくりだすバクテリアの毒素を取り除くことで、歯周病感染の原因を除去します。
エックス線で歯石は歯の両側につく小さな白いかたまりのように見えます。
日常のクリーニングでは、歯肉ラインの上のプラークや歯垢しか取り除けません。
よって歯科医院にてルートプレーニングを行うことによって、歯肉ラインより下のプラークや歯石を取り除きます。


再評価
歯周治療終了後、一定の期間をあけて歯ぐきのチェックを行います。

歯周外科手術(再生療法)もしくはレーザー治療
これまでの治療で治りきらなかった部位に対し歯周外科手術(再生療法)もしくはレーザー治療を行います。目でみえている歯石を除去します。

メンテナンス・定期健診
治療により歯ぐきの炎症がなくなり、お口の中の健康が取り戻せても、そこで通院を打ち切るとほとんどのケースで歯周病が再発することが報告されています。口腔内の健康を長期にわたり維持するために、予防、定期健診、メンテナンスが必要です。

ページの先頭に戻る

歯周病(シソウノウロウ)Q&A

患者様からよく寄せられる、よくあるご質問にお答えいたします。

歯周病(シソウノウロウ)って?
歯を支えるアゴの骨を溶かす怖い病気です。
そのままにしておくと痛みもなく歯が抜け落ちてしまいます。
歯周病(シソウノウロウ)の原因は?
お口の中にいる細菌です。
細菌が食べ残しをエサに毒素を出します。それが、歯を支えるアゴの骨を溶かします。
細菌は歯の周り(歯とハグキの間:歯周ポケット)に住みついています。さらに、細菌はバイオフィルムと言うバリアを歯の表面に作ることが、最近わかってきました。
歯みがきをしっかりすればいいの?
歯の周りの溝は歯ブラシがとどきにくく、またバイオフィルムという膜は、特殊な道具と薬液でしか取れません。
どうすればいいの?
歯医者さんで、この細菌や細菌の毒素やバイオフィルムをとってもらうしか方法がないんですよ。
※ただし歯ブラシも必要です。大きい汚れは毎日歯ブラシでとることが大切です。
定期健診のすすめ
定期健診では痛い思いをせず、お口の中が気持ちよく、すっきりして帰っていただきたいと考えております。
歯ブラシでは落とすことのできないバイオフィルムの除去に是非、お越しください。2回目以降はこちらから、定期的に次の健診の時期をお知らせします。

ページの先頭に戻る