親知らず治療

お知り合いの方で、「親知らずを抜いたあとに、ハレと痛みが大変だった」などの経験を聞いて、
治療をためらっている方はいらっしゃいませんか??
そういう方のために、やまもと歯科では、出来るだけハレと痛みがないように、
他院とは差別化をはかっています。

親知らず治療
親知らずは、現代日本人の多くの方が悩む問題だと言っていいでしょう。
親知らずとは何か、放っておくと何が問題なのか、ご説明いたします。

親知らずとは

親知らずは、別名第三大臼歯、智歯とも言われ、最後に生えてくる1番奥の永久歯のことです。通常、永久歯は12歳頃までに生え揃いますが、親知らずは大抵10代後半で生え始め、遅い人だと20代前半で生えてくる方もいるなど個人差があり、4本のうち一部しか生えない方、中には全く生えてこない方もいます。
ただし、食生活の変化などの影響により、顎自体が細くなってきているため、親知らずの生えるスペースが不足し、生えても一部だけが出ている、横に傾いている、また完全に埋まった状態のままになっているなど、大きさや形状も他の永久歯に比べて個人差が大きいのが特徴です。
このようなことから、親知らずの生え方次第で十分な歯磨きができないため虫歯になりやすく、また親知らず周りの歯や歯茎にも炎症を起こしやすくなります。

親知らず治療について

親知らずは、放っておくと様々な問題を引き起こすことがあります。

【親知らずの問題点】

親知らずとその隣の歯が虫歯になりやすい
親知らずが正常に生えてないと、歯磨きが十分にできないため汚れがたまりやすくなります。そのため虫歯や炎症を起こしやすく、その手前の歯にも影響が及びやすくなります。そのため、早めに親知らずの抜歯を検討した方が良い場合もあります。
歯並びが悪くなる場合がある
横向きにに生えた親知らずなど、手前の歯を押す力が強いため、一番細い歯である前歯の並びがずれてきます。一度凸凹になってしまうと、矯正するのは難しくなります。
顎関節症など顎に影響がでる場合がある
上下のかみ合わせが悪く、顎の筋肉に負担が掛かったり、顎関節症を起こすことがあります。また、炎症がひどくなると、顎骨の炎症を起こす場合もあります。

親知らずは抜いた方がいいの?

親知らずを抜くか抜かないかは、親知らずが歯として機能しているかで判断します。
正常に生えていない場合、炎症を起こしやすいためできる限り早めに抜いた方が良いと考えますが、抜かなくてもいい場合もあります。親知らずの状態は個人差が大きいため、お早めに歯科医にご相談されることをお勧めします。

親知らず

【親知らずを抜いた方が良い場合】

  • 虫歯がある
  • 炎症を繰り返している
  • 痛みがひどい
  • 上下の歯のかみ合わせが悪い
  • ほっぺたを噛んでしまう
  • 矯正治療を検討している

【親知らずを残した方が良い場合】

  • 正常に生えている
  • 完全に埋まっていても問題がない
  • 手前の歯を失った場合に親知らずを利用してブリッジにできる
  • 親知らずを歯の移植に利用できる

親知らず抜歯時の注意点

親知らずの抜歯は、その状態によって要する時間も5分~1時間程度まで、また術後の経過もまちまちです。できる限り体調を整えて臨むようにしてください。
また、炎症を繰り返している親知らずの場合、体調が良い時に予め抜いてしまうことも検討された方がいいかもしれません。

【麻酔について】

当院では痛くない麻酔注射を行うために、麻酔時の痛みもないよう最大限の注意を払って行っています。

【抜歯後の注意点】

  • 抜歯後ガーゼは10~20分ほど噛んでください
  • 抜歯後は強くお口をゆすがないでください
  • 抜歯当日の入浴、飲酒、激しい運動は控えてください
  • 処方された抗生物質は指示通りに服用してください

【抜歯後の痛み・腫れについて】

歯を抜いた後は、痛み、腫れが出てくる場合があります。上顎の場合は比較的抜歯しやすいため、痛みや腫れが出てくることはあまりありませんが、下顎の場合、骨の中に埋もれているようなケースでは痛んできたり、腫れてくることがあります。
痛みは処方された鎮痛剤を服用していただければ効きます。腫れも翌日から2~3日程度が炎症のピークとなりますが、徐々に治まってきます。