V

再生医療 また一歩 (西日本新聞)

  • 薬院駅から徒歩10分 渡辺通り駅から徒歩5分 渡辺通りのバス停から 徒歩3分 福岡市中央区高砂の無痛治療の「やまもと歯科」

    こんにちは、福岡市中央区、やまもと歯科・院長の山本です。

    12月16日の朝刊の西日本新聞のトップは、永久歯復活に道という題目で、再生医療の記事でした。

  • 九州大学の口腔病理学の坂井英隆教授のグループが、人の皮膚細胞からエナメル質(歯の表面の固い組織)を創り出したという画期的な研究内容でした。人の場合、サメとかと違って一度、歯を失うと再生は困難と言われてきました。そこで、金属の被せ物、白いレジンの被せ物、さらにインプラント、義歯・・いろいろな人工物が考えられてきました。しかし、当然、それらの人工物は、やっぱり自分の歯には及びません。それが、将来、もう一度自分の歯を復活させることができるのです。すごいことです。
  • まだ、いろいろな面で実用化には困難な壁があると思いますが、実用化に向けて頑張って欲しいと思います。
  • その隣の記事は、すい臓細胞作り効率化という記事も興味深いものでした。糖尿病の方には朗報なのでは・・・?

    院長

     

    お口の中でお悩みの方、ご相談を承ります。お気軽に、お声をかけて下さい。

ご質問、不安に思っていることなど、お気軽にご相談ください。

092-522-0853

フォームでのお問い合わせはこちら