矯正歯科

舌側矯正とは?
その治療内容についてご説明いたします。

舌側矯正とは?

舌側矯正(リンガルブラケット)とは、ワイヤーやブラケットなどの矯正装置を全て歯の裏側に付けるので、表側からは矯正をしていることがほとんど分からなくなる方法です。
最も目立たない方法ですが違和感が強いこと、治療期間が長くなる傾向があること、歯を並べることが難しくなること、治療費が割高になることなどのデメリットもあります。

舌側矯正のメリット・デメリット

【メリット】

矯正装置がみえない
モデル、接客業、営業職など、目立つ矯正装置をつけることが不可能な方、また矯正治療をより審美的に受けたい方々には大きなメリットです。この方法がなければ、矯正治療を受けられない方々も数多くいらっしゃいます。
歯の表側のエナメル質へのダメージがない
舌側矯正治療は、名称のとうり舌のある裏側から矯正装置をつけて行なう方法です。
矯正治療では表からでも裏からでも、ワイヤーを入れるブラケットというレールを歯に接着いたしますが、場合によりこの操作によって、接着部分のエナメル質の光沢が減ることがあります。
裏側からの場合は、見えない部分のエナメル質に接着することとなりますので、治療後に表側のエナメル質には、なんら影響はでません。
虫歯のリスクが低い
常に装置が唾液で洗浄されているため、舌側矯正は虫歯になりにくい意外な感がありますが、歯の裏側は、常に装置が唾液で洗浄されているため虫歯のリスクは少ないことが、いわれております。
口腔内の唾液のでる穴は、歯の裏側の歯肉の部分に非常に多くみられ、舌の動く効果と相乗して、矯正装置についたよごれを洗浄するものと考えられております。
しかしながら、歯ブラシ等のよる清掃も必ず必要であることは変わりません。
歯が前に出ているケースではより前歯が後退しやすい
奥歯が前に動きにくい特性があります。裏側からの矯正治療は、奥歯が前に動きにくい特性があります。
その理由から、前歯が前方にでているいわゆる、出っ歯の患者さんの治療には大きな効果がみられます。出っ歯の治療には、通常前歯と奥歯の中間歯である小臼歯を抜歯しますが、
舌側矯正では治療結果として前歯が下がる量が多くなるわけです。

【デメリット】

装置セット当初は、発音しにくい
装置を舌側につけますと、舌を歯の裏側にあてて発音する言葉が若干不明瞭となることがあります。
日本語では、さ行、た行、ら行の言葉、英語ですと、Th、またLとRの発音に影響がでるようです。しかしながら、ほとんどのケースの場合、1~2ヶ月の間に発音のしかたに慣れてきて通常どうりお話ができるようになります。
費用が割高である
基本的に、裏側からの矯正治療は、表側からに比べて費用は割高になります。理由として、ブラケットの取り付け位置決めに特殊な作業が必要であること、ワイヤー交換などの処置時間が長くなることなどが大きな理由としてあげれます。