矯正歯科

インビザライン(マウスピース矯正)とは?
その治療内容についてご説明いたします。

インビザラインとは?

インビザラインは、患者さまお一人お一人のためにカスタムオーダーで製造される透明なプラスチックのマウスピース状の矯正装置です。
この装置を定期的(約1週間ごと)に交換し、装着を続けることで歯列矯正を行い、理想的な歯並びに導いていくシステムです。

従来のワイヤーやブラケットなどといった固定式の装置をまったく使わないため、装置による異物感や喋りにくさ、食べ物の残留などが無いほか、金属アレルギーを引き起こす心配もございません。

また、外見上もほとんど目立たず、とても審美性の高い最新の矯正治療システムです。

クリアライナーとは?

インビザラインのメリット・デメリット

【メリット】

透明で目立ちません
従来のワイヤーやブラケットを使用する矯正装置とは違い、インビザラインであれば、透明なので矯正治療中であっても外見上はほとんど見えません。
取り外し可能でお口の中が衛生的です
ご自分で簡単に取り外しができるマウスピースを順次装着するものですので、歯みがきやフロスも普段どおりお使いいただけます。また、簡単に洗浄ができ、衛生的です。
装置自体に慣れやすい
インビザラインは、ワイヤー等を使用しないため、装置自体の違和感がほとんどなく早く慣れやすいです。従来の装置は頬の裏側(口内炎など)や舌を傷つけやすいので、慣れるのに時間が掛かります。
忙しい方、通院回数を少なくしたい方に最適です
インビザラインは、従来の治療法に比べマウスピースが最初から最後までできてくるため、通院回数に合わせてお渡しする形が取れます。海外出張の多い方、遠方の方、受験期の方、忙しい方などにお勧めです。また、クリンチェックと呼ばれる3Dシミュレーションにより、治療期間がどれくらいかかるのか、進行度合いなどがわかるため、効率的に治療が進められます。
金属アレルギーの方も安心です
従来の矯正装置では、装置やワイヤー等に必ず金属を用いていましたが、インビザラインは金属を一切使用しないため、金属アレルギーの方に最適です。

【デメリット】

唯一、装置を使用しないと動かないので、治療の動機付け(モチベーション)の低い方、装置を付けるのを嫌がる方(お子様など)は、通常の矯正装置(固定式)をお勧めします